お知らせ
鏡を見て、梳かしている男性

これまで薄毛に悩んできた人は、薄毛が病気として認定されるようになってから医療機関において薄毛予防として医薬品を提供するようになってきました。
薄毛が進行していることをAGAという病気として判断されるようになってきたのですが、これまで、医療機関ではAGAに対する薬は出せなかったのですが、近年では医療機関でも薬を出しても良いという状況に変わってきたため多くの人がお医者様に訪れて治療をするようになってきました。
お薬を処方されて使用することで、AGA卒業ができるといった人もどんどんと増えてきており、薄毛に悩んでいる人にとっては非常に良い流れになってきます。
しかし、AGA卒業に向けても大きな課題が残っており、お医者様から提供されるお薬に関してもいくつかの課題があります。
一つ目はお薬の値段が高いということがあげられます。
ネットで治療薬であるプロペシアの通販等を利用することで、ある程度金額は抑えることができますが、医療機関で受診する場合にはお金がかかってしまい、保険も適用されにくいため、非常に高額なお金が定期的にかかってくる可能性があります。
こうした課題をクリアできる人は一部の生活にゆとりのある人や裕福な人が多く、子どもを産んでからお金が必要な世帯にとってはなかなか対処できないような状況が続いています。
AGA治療薬を少しでも安く購入したい場合にはジェネリック医薬品を探すことも一つの手段になります。
また、プロペシア以外のAGA治療薬を試すことも安い治療薬を探す幅を広げる方法です。
アボブルと呼ばれるAGA治療薬はデュタステリドという成分が配合されており、抜け毛の原因になる5aリダクターゼの抑制効果があります。
もしアボブルに興味がある方は、ジェネリック医薬品であるベルトリドの効果についても調べてみることをおすすめします。
プロペシアやフィナステリド成分配合の治療薬以外のAGA治療薬が見つかり、あなたのAGA治療の選択肢を更に増やしてくれます。
もう一つの要因としてはAGAを治すためのお薬が男性ホルモンの分泌を抑える効果があるということです。
特に男性に関してはどんどんと男性ホルモンを分泌することで体のバランスを整えていくのですが、体毛などが濃くなりその分頭の毛が薄毛にもなりやすくなる効果があります。
このため、薬を使って男性ホルモンを抑えると薄毛に対しては非常に効果的になってきます。
ケトコナゾールという成分が含まれる治療薬では男性ホルモンを変換させ、働きを抑えることにより、抜け毛を予防する作用を持ちます。
しかし、男性ホルモンが減少した分体に対しても影響が出てくるなど課題が残されています。

記事一覧

AGA対策にアミノ酸は有効です。 アミノ酸はタンパク質を構成する成分で、20種類あります。 髪の毛の...

20歳以上の男性の半分以上が、薄毛や抜け毛で悩んでいるというデータがあります。 薄毛や抜け毛の原因は...

鏡を利用して髪型を整えている時、最近毛が細くなった、髪の毛のハリが無くなった、薄くなったと言った場合...

最近の日本においては非常に多くに人が薄毛に悩まされるようになってきました現在の日本におけるこれまでの...

AGAの症状が進行してきた場合は、クリニックなどの医療機関で治療を受けるのも大切なことですが、治療す...

薬を飲む男性

AGAの症状が現れてくると、おでこの生え際のラインが後退したり、頭のてっぺんが薄くなってきたりします...

鏡を見て、髪を気にする男性

最近は、美容やファッションに興味を持つお洒落な男性が増えています。 昔は、薄毛でもそのままにしている...

髪に関して心配する男性

薄毛や抜け毛が気になる方が、少しでもボリューム感を出したいためにパーマをかけるということは多いかと思...

鏡を見ている男性

頭部の一部が薄毛になるAGAは、またの名を男性型脱毛症と呼び、幅広い年代で悩みの種になっている症状で...