• ホーム
  • 髪にパーマをあてるとAGAをより進行させる

髪にパーマをあてるとAGAをより進行させる

髪に関して心配する男性

薄毛や抜け毛が気になる方が、少しでもボリューム感を出したいためにパーマをかけるということは多いかと思いますが、パーマやカラーリングなどが原因で、AGA(男性型脱毛症)になってしまうということはありません。
AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンが原因となって起こる症状ですので、パーマ剤やカラーリング剤がおもな薄毛や抜け毛の原因になることはありませんが、すでにAGA(男性型脱毛症)であることが分かっていて薄毛治療をしている場合には、できるだけ髪の毛や頭皮に負担を与えてしまう施術は避けるべきでしょう。
パーマ剤というのは、そもそもアルカリ性の液体でキューティクルを剥がした状態にしたうえで、髪の毛にウェーブをかけたり、まっすぐに伸ばしています。
また、2つめの液では、せっかく引き離した分子をさらに無理やり結合させることで、形を整えていくのですから、髪の毛にダメージがないわけはありません。
また、薬品を頭皮にもたっぷりと染み込ませて、さらに温めるのですから、頭皮へのダメージも大きいでしょう。
そのため、頭皮の血行が悪くなったり、それが原因でさらに髪の毛に栄養が行き届かなくなり、髪の毛が細くなってしまう可能性はゼロではないでしょう。
とくに、すでに髪の毛が細くなっている人や傷みやすい人は、パーマをかけるべきではないでしょう。
パーマをかけてボリューム感を出すよりも、ヘアカットやデザインで薄毛をカバーしたり、ヘアドライの際に、頭を下に向けてドライヤーをあててフワッとさせるなど、ボリュームがアップをさせる方法はいくつかあります。
また、薄毛が気になるからと言って、室内でも帽子を被りっぱなしというのも、髪の毛が蒸れてしまい頭皮には良い環境であるとは言えません。
やはりAGA(男性型脱毛症)は、適切で根本的な治療が必要です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索